元プロ野球選手が練習法を解説!打率・飛距離がぐんぐんアップするバッティング練習法
香川県の少年野球強豪チーム・常勝チームの強さの秘密に迫る!

木太南ファイターズ
木太南ファイターズは、香川県高松市木太町の高松市立木太南小学校区子供会に加入している子供たちを対象とした少年野球チームです。
木太南ファイターズは1977年(昭和52年)に創設された少年野球チームで、野球を通じて礼儀・挨拶・感謝・物を大切にする心・向上心・友情をお互いに学び、その上で体力作り・技術向上に汗を流し将来の夢に向かって一歩一歩あゆんでいます。
木太南ファイターズは、新人戦で決勝戦へ進出、準優勝に輝いたこともある強豪少年野球チームです。

平井軟式野球スポーツ少年団
平井軟式野球スポーツ少年団は、守り勝つ野球をモットーに、これまで数々のトーナメント戦を勝ち上がってきた強豪少年野球チームです。
平井軟式野球スポーツ少年団の練習は厳しく、しかし試合はのびのびと。昨年秋の新チーム結成以来、常勝少年野球チームへと成長できたのも、厳しい冬のサーキットトレーニングの成果です。
平井軟式野球スポーツ少年団は小柄な選手が多いのですが、ここ一番の集中力と気力では負けません。野球大好き少年が集まる、元気な少年野球チームです。

長尾コンドルズ少年野球チーム
長尾コンドルズ少年野球チームは、昭和53年6月に創立した、香川県学童軟式野球連盟さぬき支部所属の少年軟式野球チームです。
長尾コンドルズ少年野球チームは創立以来、数多くの大会で輝かしい戦績を残しています。
その一部は、大川郡大会・さぬき市優勝46回、県大会優勝10回・準優勝3回・3位10回、記念・招待大会優勝22回、中四国大会優勝1回・準優勝2回・3位2回という記録を残しています。
長尾コンドルズ少年野球チームは、「練習は不可能を可能にする」をモットーにした強豪少年軟式野球チームです。


香川県の少年野球強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。