元プロ野球選手が練習法を解説!打率・飛距離がぐんぐんアップするバッティング練習法
高知県の少年野球強豪チーム・常勝チームの強さの秘密に迫る!

宿毛アスナローズ
宿毛アスナローズは、約30年前ソフトボールチームとして発足し、その後軟式少年野球チームとして平成7年に全国大会初出場ベスト16まで進出した少年野球チームです。
しかしその翌年、部員減少により一時休部し、平成10年に、野球の好きな4年生4人により再結成、その少年たちが6年生になった時、西日本大会などに出場できるほど成長しました。
宿毛アスナローズは近年、支部大会や県大会でも優勝や上位進出するようになり、2006年に2度目の全国大会出場を果たし、強豪と呼べる少年野球チームに成長しました。

高岡スポーツ少年団
高岡スポーツ少年団は、2009年の須崎ロータリー杯公式戦で準決勝進出(ベスト4)を果たした高知県土佐市の少年野球チームです。
高岡スポーツ少年団は、その打撃力を生かして大量得点で勝利できる強豪少年野球チームです。
日頃練習と試合を繰り返し、特に最近では打線も安定し、メキメキと力をつけている少年野球チームです。
高岡スポーツ少年団は、少年野球としての夢を忘れず、野球を心から楽しんでいます。

伊野南ファイターズ
伊野南ファイターズは、高知県小学生野球連盟に所属している少年野球チームです。
伊野南小学校をホームグラウンドとし、25名のチームメンバーで水曜日・土曜日・日曜日・祝祭日と練習をしています。
昨年のスポ少秋季大会では、抽選の結果惜しくも2回戦で敗退しましたが、その打撃力が爆発したときには大量得点で勝利を収めることが出来る少年野球チームです。


高知県の少年野球強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。