元プロ野球選手が練習法を解説!打率・飛距離がぐんぐんアップするバッティング練習法
山形県の少年野球強豪チーム・常勝チームの強さの秘密に迫る!

山形リトルリーグ
山形リトルリーグは、昭和58年に創設された少年野球チームです。目的を「山形の野球における底辺強化」として創設しました。
山形県が高校野球の甲子園で活躍することを夢見て、趣旨に賛同した人たちが集まり、少年野球チームである山形リトルリーグが誕生したのです。
山形リトルリーグはメジャー・マイナー・ティーボールの球場を山形市の強い支援により充実した環境の中で活動しています。そのモットーは野球が出来ることに感謝し、礼儀、挨拶が出来る選手を育て、「時には厳しく」、「時には楽しく」で、役員・指導者・父兄・選手が一丸となり、勝利を目指している少年野球チームです。

リトルシニア山形チーム
リトルシニア山形チームは、1987(昭和62年)年8月、山形県内の小学校6年生から中学生を対象とした硬式少年野球のクラブチームとして創設されました。
“一人で見る夢はただの夢、みんなで見る日本一の夢は、現実となる夢”をチームのスローガンとして、また“明るく、強く、逞しく、友情に育まれた、思いやりのある人間になる事”をモットーとしてチーム全員が一生懸命に努力し、成就しようと直向に取り組んでいます。
2009年の戦績では、山形県支部大会優勝を果たすなど、強豪少年野球チームとしてこれまで多くの勝利を収めています。

山三小こまくさガンバローズ
山三小こまくさガンバローズは、2009年度に北部秋季大会で優勝、ナンバースクール杯で準優勝を果たした強豪少年野球チームです。
雪深い山形県にあって冬場の練習に体育館を使用するなど、少年野球チームとしてはその実力を向上させるための努力を欠かしません。また昨年は数多くの大会、練習試合当をこなし、多くの貴重な経験を積んできました。
2010年度はさらに飛躍が期待されている少年野球チームです。


山形県の少年野球強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。